インフォメーション

2018.04
ホームページを更新しました。
2018.03
ホームページを更新しました。
2018.02
ホームページを更新しました。
2018.01
ホームページを更新しました。
2017.12
ホームページを更新しました。
2017.7
ホームページを更新しました。
2016.12
ホームページを更新しました。
2016.11
ホームページを更新しました。
2016.10
ホームページを更新しました。
2016.9
ホームページを更新しました。
2016.8
ホームページを更新しました。
2016.7
ホームページを更新しました。
2016.6
ホームページを更新しました。
2016.5
特定非営利活動法人CCVは栃木県鹿沼市にございます。
2016.5
ホームページ開設いたしました。

MAP

CCV教育

フリースクールCCV学園は不登校、引きこもり、発達障がいなどの子どもたちへのサポートを行っております。

 

CCV福祉

障がいをお持ちの方々の就労支援や日々の生活をサポートいたします。

 

CCV児童

お子さま一人ひとりの特性に合わせたプログラムで自立をサポートいたします。

 

社会貢献支援財団より表彰されました

平成29年度第1回輝く"とちぎ"づくり 最優秀賞受賞

発達障害や軽度知的障害のある方の運転免許取得支援

協働の概要

  • 平成23年9月取組開始
  • 発達障害や軽度知的障害のある方を対象に運転免許の取得から就労などの社会参加までを支援
  • 教習所入所前は、NPO法人CCVが主体となり個々に応じた事前の学習支援や生活支援等を実施
  • 教習開始後は、教習所に配置されている「コーディネーター」が寄り添い、相談支援を実施
  • 発達障害について学んでいるコーディネーターが、技能教習の同乗や学科教習の同席、個別の学習支援・生活支援を実施し、教習生活全体を支援
  • 遠方の方が利用する合宿所では、NPO法人CCVの職員が生活支援や余暇支援を実施
  • 卒業後はフォローアップとして、運転チェックや、CCVトランジションセンターが就労支援・定着支援を実施

法人理念と運営方針

法人理念

「地域で生きる」

運営方針

1.ひとりひとりの個性を大切にし、多くの人々と手を結び、心豊かに安心して生活できる地域社会をつくります
2.コミュニケーションを大切にし、やりがいを持って自主的に働ける職場をつくります
3.発達障害の特性を理解し、エビデンスのある専門性の高いサービスを提供します
4.法人の持続的発展の為に経営の安定を目指します

メッセージ

特定非営利活動法人CCVは、

  • 不登校、引きこもり、発達障害などの子どもたちへのサポート「フリースクール CCV学園」
  • 働きたい。その気持ちを応援します。
    「就労継続支援B型 CCVウェルフェア」「就労移行 トランジションセンター」
  • 障害者の豊かな暮らしを応援する
    「生活介護・日中一時支援 CCVダック」
  • 児童一人ひとりの個性に合わせたプログラムで自立をサポート
    「放課後等デイサービス・児童発達支援 子ども発達センターさくら」
  • 安心・安全な自分らしく生きる暮らしを応援する
    「グループホームベルコーポ・グループホームパインガーデン」
以上の5つの部門に分かれています。

代表プロフィール

福田 由美
1957年 東京都出身 早稲田大学卒業


結婚により栃木県に転居。民間企業を経て教職へ筑波大学宗像教授の考案したヘルスカウンセリングを学びその後様々なカウンセリング心理療法 ヒーリングを学ぶ。
1990年頃から、社会の急激な変化と共に子どもの不登校の問題が顕著になる。教育相談係としてカウンセリングや個別指導にかかわる。その後、教室で椅子にすわっていられない子、キレやすい子、ADHD、アスペルガー症候群などのいわゆる発達障害のある子たちに出会う。
集団の中にいられない子に対し、個々に寄り添うかかわりの必要性を感じ、特別支援について学び、通級指導教室を立ち上げる。子どもが生来もっている特性を見極め、理解し、コミュニケーションを工夫ていくことで必ず改善し、社会適応していくことを実感する。

その後中学校へ勤務。校舎内で荒れる生徒達と出会う。一人の教員が多くの生徒を指導しなければならない日本の学校教育の限界が生み出した少年達の荒廃した姿を見て「何ができるのか」を模索する。
通級指導教室担当の指導枠を越え、個別にかかわり対話をしたり遊戯療法や作業療法をすると落ち着いてくる。いわゆる「非行」といわれるものに「特別支援」の指導内容が効果的であることが実感できる。

また学校に適応できない多くの子どもたちのなかには特定の分野について通常以上の能力、才能、感性をもつ生徒たちも多い。その能力をいかしながら社会にも適応させたいと思い、学校外の特別な場所、お寺、公民館、自宅等で様々な教育を行ってきた。学校に入ると虚勢を張る生徒達も場所を移すと素のままの自分を表現できることが多いことが分かった。

平成20年3月に教職を退き、障害のある子供を持つ保護者と共に、学校外で子どもたちの本質を生かし、伸ばしていく教育をする組織や自立と就労支援のための団体を設立。NPO法人を取得(平成21年6月30日)福祉と教育の枠を超え、地域を変えていくダイバーシティを目指している。

ペットのおやつを作っています

アレルギーのあるワンちゃんのしつけに最適

>>オンラインショッピング始めました